事業計画・事業実績

第11期事業計画(2020年4月1日から2021年3月31日)

開発途上国の農村地域に暮らす人々の経済力及び生活環境の向上と子どもたちが教育を受ける機会に寄与するための支援による地域の発展に貢献することを目的に、これまでネパール国で取り組んでいる事業の継続と、自立に向けた活動のため次の事業を実施する。

1、開発途上国への農業技術の普及事業

(1)農業技術普及事業

【ヌワコット郡カカニ地区】
当地区の主力農産物であるイチゴ栽培について継続して実地指導を行う。
【マクワンプール郡ナムタール地区】
キャベツ・大根などの野菜栽培において、土壌病害が再発している傾向にあるため、改善のための指導を行う。
【ムスタン郡ツクチェ地区】
高冷地帯の立地条件を活かした農産物の選定や栽培技術について、地域の農業学校と連携して研究していく。

◇派遣時期  適時     派遣者  農業技術者

(2)関連機関・団体等との連携事業

開発途上国の実情と発展方向に即した農業協力を一層促進するため、日本国内の活動機関や農業団体、農業者等との連携を図り、質の高い支援活動、技術協力を推進する。

2、開発途上国の農業団体及び学校団体への助成及び支援事業

(1)現地事務管理所助成事業

当団の事業の調査、実施状況、運営を効率的かつ円滑に行うため、ネパールに設置されている現地法人ジャイチネパール事務所の運営を支援する。
◇事務所所在地  ネパール国カトマンドゥ市
◇職員体制   支配人 1、事務局員 1、チーフアドバイザー 1
◇主要業務   学校(レカリ・バシファント及びカカニ・ブライター)の管理運営
カカニ実験研修農場の維持管理
地域住民の要望聴取

当団体(ジャイチ)の活動に参加する者の受け入れ

(2)カカニ実験研修農場助成事業

有機農産物生産技術を実証するための取り組みと農場の維持管理の支援を行う。

(3)レカリ・バシファント学校助成事業

政府及び地域の学校運営委員会による自立運営に移行しているが、設立者として環境整備の要望に応じて支援を継続する。
所在地  ネパール国マクワンプール郡ナムタール村
生徒数  幼稚園1クラス  1~10学年10クラス  368人(現在)

(4)カカニ・ブライター学校助成事業

幼稚クラスの児童の増加により教室数が不足になってきたことから、新たな教室の建設を日本大使館の資金援助により計画しているが、整備に伴い必要な備品等の要望に対する支援を行う。
◇所在地  ネパール国ヌワコット郡カカニ村
◇生徒数  幼稚園4クラス、1~10学年10クラス  314人(現在)

(5)総合指導員派遣事業

当該事業の実施にあたって、その管理運営の適切な執行を図るため、現地において調査指導を行う。
◇実施事項 ・組織運営状況の点検指導
・助成事業の執行状況の確認
・現地要望事項等の把握と事業実施に向けた調査研究
◇実施者   理事、事務局員等
◇派遣時期  適時  人員と派遣期間は状況に応じて行う。

(6)奨学金里親制度事業

奨学生と里親との連絡調整のための事務を継続する。

3、開発途上国に関する農業及び教育の啓発事業

(1)現地視察研修事業(スタディツアー)

当団体の活動への理解と支援者の拡大を図るため、広く国内に参加者を募り、当団体が実施するネパールでの事業地及び農業農村の現地視察を行い、併せて現地関係者との相互交流を推進する。

◇実施場所  ネパール国 カカニ・ブライター学校、レカリ、バシファント学校、カカニ農場ほか

◇実施時期   11月上旬  概ね10日間
◇実施方法   機関紙、ホームページ等で募集する。最小催行10人以上
企画及び現地案内 : ジャイチ、   旅行業者 : 西遊旅行

(2)開発途上国の農業・文化案内及び視聴覚教材貸出し事業

開発途上国の現状、文化、習慣、思想などに関する各種情報を提供するため、国際交流事業等に積極的に参加して活動を紹介するとともに、当団事務所内に資料コーナーを設け、無償で閲覧、貸出しを行う。

閲覧時間等:月・水・金の午前10時から午後3時を基本とする。

(3)歯科医療保健協力事業

開発途上国の保健医療の実態を調査するとともに、現地の関係機関との連絡調整により健康衛生活動に協力する。

《第11期収支予算書》

自 2020年 4月 1日
至 2021年 3月31日

科目 予算額 前年度予算額 増減
ⅰ 一般正味財産増減の部 (単位千円)
 1.経常増減の部
  (1)経常収益
   ①基本財産運用益 2,742 2,532 210
   ②特定資産運用益 200 200 0
   ③受取寄附金 2,200 2,200 0
   ④受取補助金 1 200 △199
   ⑤雑収益 11 11 0
   経常収益計 5,154 5,143 11
  (2)経常費用
   ①事業費 4,246 4,234 12
   ②管理費 908 909 △1
   経常費用計 5,154 5,143 11
    当期経常増減額 0 0 0
 2.経常外増減の部
  (1)経常外収益 0 0 0
   経常外収益計 0 0 0
  2経常外費用 0 0 0
   経常外費用計 0 0 0
   当期経常外増減額 0 0 0
   当期一般正味財産増減額 0 0 0
   一般正味財産期首残高 74,950 74,950 0
   一般正味財産期末残高 74,950 74,950 0
ⅱ 指定正味財産増減の部
 ①受取寄附金 0 0 0
  当期指定正味財産増減額 0 0 0
  指定正味財産期首残高 9,694 9,694 0
  指定正味財産期末残高 9,694 9,694 0
ⅲ 正味財産期末残高 84,644 84,644 0

第10期事業実績  (平成31年4月1日から令和2年3月31日)

活動の拠点であるネパール国において、農村地域居住者への農業技術の指導と普及、識字率の低い地域への基礎教育の充実や学校施設の整備に向けての助成、支援を継続して実施し、併せて開発途上国の実情について理解を深めるため、日本国内で広報活動を行った。

開発途上国への農業技術の普及事業

農業技術者派遣事業

ネパール国カカニ地区で取り組んでいるイチゴ栽培について、11月に事務局長が地区を訪問して圃場を巡回して指導(2日間)を行うとともに、栽培上の専門的な問題点等については、専門技術員から指導を得て現地に情報提供を行った。

関連機関・団体等との連携

女性を支援するネパールのNGOが、カカニ地区の女性農民を対象に資金を貸し付け農家収入の増大を図るための事業を進めたいとのことから、当該NGOと連携する関係機関と情報交換を行った。

開発途上国の農業団体への助成及び支援事業

現地事務局助成事業

当団がネパール国で実施する農業団体や学校団体への支援事業の現地における統括管理を行うために設置されている現地法人(ジャイチネパール株式会社)の事務局運営費について助成を行った。

カカニ実験研修農場助成事業

カカニ地区の農民会有志がモデル農場計画推進に取り組んでおり、当農場を活用して有機資材を使った肥料の作り方や土づくりの実践、野菜類の栽培試作のための圃場の整備等に支援を行った。

レカリ・バシファント学校助成事業

公立学校として自立運営に移行しているが、施設の簡易な修繕や環境整備及び文房具等の助成を継続して行った。また、当学校の課題でもある遠距離通学を解消するための学生寮の要望に対して、ネパール日本大使館から支援を受けることができたことから、学生寮の建設に着手した。

カカニ・ブライター学校助成事業

幼稚クラスの児童の受け入れを進めたことにより、生徒数は316人と増加してきた。しかし、当校の教職員の多くは幼児教育の指導経験がないことから、すでに幼稚園を運営しているカトマンズ周辺への視察体験や先進的幼稚園の教職員を招いて指導方法を学ぶなどの研修に対して支援を行った。

総合指導員派遣事業

令和1年11月に事務局長を現地に派遣して、支援事業の執行状況の把握と今後の課題について調査指導を行った。

奨学金里親制度事業

当制度により就学した児童と里親との連絡事務を継続して行った。

開発途上国に関する農業及び教育の啓発事業

現地視察研修事業(スタディツアー)

11月5日から11日(7日間)の日程で実施。当団の事業地である学校内の環境整備を通して、バシファント校・ブライター校の両校の実情の把握や生徒、教職員たちとの交流を図った。

農業・文化の紹介及び視聴覚教材の貸出し事業

開発途上国の現状、文化、習慣、思想などに関する各種情報を提供するため、5月に丸子文化会館、9月に佐久市で開催された国際交流事業等へ積極的に参加してネパールの文化と当団の活動を紹介した。

歯科医療保健協力事業

視察研修に参加した保健医療従事者の協力により、バシファント校・ブライター校の両校の生徒たちに「正しい手洗いの必要性」の衛生教育を実施した。また、協力支援の対象としているネパール国トリスリ地区の診療所は、同地域に公設病院が設置されたことからその必要性が不透明となっている。

《第10期収支決算書》  (平成31年4月1日から令和2年3月31日)

科目 決算額 前年度決算額 増減
ⅰ 一般正味財産増減の部 (単位千円)
 1 経常増減の部
  1経常収益
   ①基本財産運用益 1,766 1,795 △29
   ②特定資産運用益 181 181 0
   ③受取寄附金 2,190 1,959 231
   ④受取補助金 0 0 0
   ⑤雑収益 0 0 0
    経常収益計 4,137 3,935 202
  2経常費用
   ①事業費 3,557 3,473 84
   ②管理費 829 804 25
    経常費用計 4,386 4,277 109
    当期経常増減額 △249 △342 △93
 2 経常外増減の部
  1経常外収益
    経常外収益計 0 0 0
  2経常外費用
    経常外費用計 770 0 770
    当期経常外増減額 △770 0 △770
    当期一般正味財産増減額 3,972 919 3,053
    一般正味財産期首残高 44,245 43,326 919
  一般正味財産期末残高 48,217 44,245 3,972
ⅱ 指定正味財産増減の部
 ①特定資産評価損 △478 △279 △199
  当期指定正味財産増減額 △478 △279 △199
  指定正味財産期首残高 15,966 16,245 △279
  指定正味財産期末残高 15,488 15,966 △478
ⅲ 正味財産期末残高 63,705 60,211 3,494

PAGE TOP ↑